PTSD パニックで傷ついた子をホールディングし強める

PTSDやパニックで無意識のうちに眠っているインナーチャイルド

が何らかの、影響によって目覚めることがありますね、、

重いトラウマの場合はその時の感情 怖れ、不安、焦り、恐怖などが余りにも

大きいため、封印され、生きてきました

それでも、何等かの事に誘発され、急に出てくる時があります、、

突然という感じで手に負えないと感じますが

きちんと理由があります

その強いトラウマを受けた時の例えば、臭い、感覚、音、など、など、が

脅えている子  不安の子  おどおどしている子を引き出すのです

あなたの意識とは裏腹に、、

普段から、その子に暖かい言葉をかけて上げて、安心できるようになるまで、

づっとホールディングしてあげてください、

言葉をかえるなら、認知療法という事にもなります

余りにも、辛いならお薬を服用しながらでもいいですね、、

少し、宗教的になりますが、

あなたの理解している神に祈り続けること、、大切です

恐れてはならない。わたしはあなたと共にいるからである。周りを見回すな

。わたしはあなたを本当に強くする。わたしはあなたを本当に助ける

わたしはわたしの右手であなたを本当にしっかりととらえておく

わたしはあなたの神だかである、、  聖書から、、

2015-01-27 10.50.03-1

PTSDとその後!

https://www.wowapp.com/w/tadasu/Tadasu-Kuribayashi cropped-2013-08-13-21.58.15.jpg

幼年期に死に直面した複数の事故の際

その恐怖体験を処理する能力が備わって居なかったので

過度の恐怖、恐れを表現し切れなかったし、

まして子供なので襲ってくる恐怖を処理出来なかったと思います。

づっと体験と感情が切り離されていましたし、

その感情が出るなら身体的に限界を迎えたでしょう。

不思議なものでその恐怖や恐れを体で覚えているんですね、

だから何かの表しに突然フラッシュバックとして

自分の意思にお構いなく侵入してくる、

そしてパニックを起こす、もう大変ですね、

さらにいい子でしたので自分の気持ちを抑えて生きてきた、

そんなのがさらに拍車をかけストレスを背負い

性格上パニックの温床になる悪い循環ですね、

かれこれ出てなかった時期もありますが長い

時を経て回復したのですが長い旅路でした。

フラッシュバック起こすだけ起こしたんだと思います。

パニックを経験する度それが心的外傷になっていた事を考えると

これからの人生は自分の心をきちんとサポートしてあげ、

セロトニンが分泌する太陽光が沢山降り注ぎ、

環境的にも良い土地で今までズタズタになっていた

大切な心をさらに解放してあげ、楽しさを味わらせ

、喜びを与え新たに創造された心を

持って生きて行きたいと思う今日この頃です。
http://jiyunoko.lovepop.jp 雑誌のオンライン書店「Fujisan.co.jp」
http://ad2.trafficgate.net/t/r/46/394/282119_351522/
2012-12-09 09.23.26.jpg

自分と対話する?

Facebookth_035https://www.accesstrade.ne.jp/cp/bonus2016/complete.html

自分と対話する?


目を閉じて

、座りごこちの良さそうな椅子が2つ向き合って置かれている

部屋をイメージして下さい。右には大人のあなた、

左には名前を付けたあなたのインナーチャイルドです。

あなたの椅子は大きめです。

チャイルドの椅子は子供用ですが目線があうようになっています。

何々ちゃんはいくつになりましたか?

最初に聴いてあげます。

次に何々ちゃん今どんな気持ちですか?

聴いてあげます。優しく、そして何がしたいですか?聴いてあげます。

大切なのはこうして定期的に優しく話しかけ、

 

その子の健全な欲求をかなえてあげる事です。

この会話はホールディング 安心感を与えるかもしれません。

だんだん大人の愛あるあなたをチャイルドは信頼し始めます。

そして一緒に遊んであげたり、旅にでたり、

美味しいものを一緒に食べたり、

その子の健全な欲求を満たしてあげて下さい。

まずは、定期的にコミュニケーションを暖かい仕方で、続けてくださいね。

インナーチャイルドが安心感をえて、

あなたを本当に信頼できるようになるまで、、

愛情を注ぎましょう!

機能不全家庭にみられる様々なタイプ

http://jiyunoko.comヒーロー 責任をとる型
小さいうちから現実的な目標を立てて、普通の人より早々とそれを達成してゆきます。これはその人に、評判や名声を与えますが、その中でじわじわ問題が進行していきます。不安が増し、緊張の高まりを感じ、周囲の人々との間に見えない壁を感じていきます。リラックスすることや冗談が苦手で、こうした人人の中では居心地悪く感じます。何でも物事を取り仕切らないと落ち着かず、人々との間では上下関係をはっきりさせます。人々との関係で並列な立場に立つことは、コントロールを放棄してしまうことで、それは生き残る事を放棄することと同じくらい危険に感じます。人間関係が固く窮屈なので、オープンで分かち合う親密さを基調とした人間関係は苦手で、そこから逃げ出したいと感じます。寂しさを紛らわすためにアルコールや他の嗜癖に走ることもあり、自分の管轄化のある人々にある人々を暴力や言葉で支配する事もあります。
ロストチャイルド 順応する型
子供のうちに問題があるとどこかに隠れて過ごす事が楽だったという経験をした人達は、大人になってもこの方法を使います。何か決定をしなければならない事態を避け、そんなことがあると不機嫌になって無い振りをしたりします。何が起こっても無難に切り抜ける名人です。このタイプの人は自分の居場所を知られないように、家にいてもなるべく家族との関わりを避けます。自分の本当の問題に直面したり、自分の本当の感情をきちんと分析したりはしません。人とうまくやる事は出来ますが、人を信じることを難しく感じます。しかしこのように自己否定的な順応を続けてゆくと、抑うつ的になり孤独に陥ります。寂しさを紛らわすためにアルコールや他の嗜癖に走ることもあります。
マスコット 慰め役
他の人の情緒的な必要を満たす事に忙しがった子供時代を過ごし、暖かく、敏感で、世話焼きで人の悩みを良く聞く子供は、大人になっても他の人の世話をし続けます。他の人を良い気分にすることに長けた人々は世話を必要とする他の人に惹きつけられます。慰め役をしながら育った人は大人になっても自分の必要がなんなのか分かりません。自分の必要を満たそうとすると、罪悪感が出てきて不安になります。強迫的に自分を犠牲にし続けること、それが安心感を与えるのです。こうした慰め役の人にとって、アルコールは自己主張をさせてくれ、自分の価値を高める危険な罠になります。
スケープゴード 非行に走る型
子供の時も、大人になっても自分に良い良い感情を持てず、自分の要求を表現する事もできません。絶えず怒りを感じ、周囲にトラブルを起こし続けます。アルコール依存こそこの家の真の原因であるにもかかわらず、この子のせいでこの家には問題が絶えないといわれ続けることがあります。彼らは同じ性格を持つ子供たちに引き寄せられ仲間集団を作ります。肯定的な役割モデルを果たすことに興味がないので、破壊的になり、孤立してゆきます。回復する機会がないと、世の中の裏道を歩き続けるこになります。プロフィールth_058

苦悩の人生の意味

強制収容所の中ほど、

人間に無力感を持たせる場所はないでしょう。

同じ経験をした

精神学者ビクトール・フランクルは

スピノザのエチカから引用して

「苦悩とい う情緒は

われわれがそれに対して明晰な表象を作るやいなや消失してしまう」 と言っています。

自分の苦悩には意味があると考えるときに、

苦悩は苦悩でな くなってきます。…th_008

穏やかな心 喜びに満ちた心

http://jiyunoko.com穏やかな心は身体の命である』
『喜びに満ちた心は治療薬として良く効く』
● 簡明でありながらも奥深いこれらの言葉は,

約3,000年前にイスラエルのソロモン王が語ったものです。

 この言葉は真実でしょうか。

現代の医学の見方はどういうものですか。
穏やかな心と怒りやすい心について,

「米国心臓病学会ジャーナル」(英語)は次のように述べています。

「最近の研究結果は,怒りや敵意と冠動脈性心疾患とに有害な関連があることを暗示している」。

そのため,同ジャーナルはこう指摘しています。

「冠動脈性心疾患の予防と治療が功を奏するためには,

……従来の理学療法や薬理学的療法だけでなく,

怒りや敵意に着目した心理面での自己管理も必要になるかもしれない」。

穏やかな心は健康を増進させるのです。
同様に,喜びに満ちた心が及ぼす良い影響について,

スコットランドの保健当局者で医師のデリック・コックスは,

BBCニュースの中でこう述べています。

「幸せであれば,そうでない場合よりも将来,病気になる可能性は低くなる」。

そのニュースはさらに,「幸せな人は心臓病や脳卒中などの危険からも一層守られる」と伝えています。

連休中混雑でイライラしたり、怒りぽくなったり

するかもしれませんが、穏やかな心 喜びに満ちた心で

休みをお過ごしくださいね!th_013