自分と他人の融合?

http://www4.hp-ez.com/hp/jiyunoko/mail-magazine言葉を変えると共依存という事になります

自分と他人の融合が良い意味で許されるのは

乳飲み子が母親から乳離れするときまで、、

そして夫婦の性関係と言われています

大人になっても他人といつも融合せざるを得ないなら

心の傷が関係してる場合が多く存在します

 

人は成長の過程で全人格が無条件に受け入れられ

、愛され、信頼される事を必要とします。

とりわけ成長の初期の過程でこれが十分に満たされると、

子供は自分に自信や安心感を持って、徐々に一人立ちし、

親から離れ、他人と気楽に付き合えるようになります。

この時、機能的な家庭の親は自分から離れて自立する子供を暖かく励まして、

自分からも子供を徐々に引き離します。

とりわけ父親は母親と子供に起こりがちな融合した関係から

、2人を離すのに重要な役割を果たすと言われています。

もし、この時に母親が何かの不安があって子供が離れて行くのを恐れて、

逆に子供に甘えてしがみついたり、

反対に不機嫌になったりすると子供は自立することに

罪悪感で見るようになると言われています。

子供が親の不安定な感情の慰め役を演じたり、

経済的な支えをしなければならない家庭では、

子供は自分の事を1人の独立した存在として見ることができず、

いつも親のあるいは家族の部分としての自分としか評価できなくなります。

自分と他人が一体化してしまい、

子絶えず他人の感情を自分の感情としてしまうという事が起きます。

気持ちを抑えず開放してゆく大切さ

http://jwjiyu.jimdo.com/感情の処理方法として

自分に感じさせたらさっと流す

嫌な感情であれば、忘れるか、建設的に処理する

こうしたことが健康的な感情の扱い方です

でもなかなか拘りが強く、感情にとらわれマイナスの感情

に支配され、行動できるエネルギーが吸い取られる

昔のネガティブな気持ちにづっと支配されている

時あるごとに、その感情が襲ってくる

苦しいですね、、

処理不可能と思える感情に自分の生活が支配され

楽しめない、幸福感や安心感をかんじれない、、

そうした感覚をもっているでしょうか?

何ができますか?

体を動かしエネルギーを外に向ける

日記をつける

音楽や絵を描けるなら気持ちを表現してみる

安全な人に気持ちを少しづつ聴いてもらう

自分のブログで表現してみる

カフェ 海 ジム カウンセリング 整体 マッサージにいってみる

頭で処理はできないので出来るだけ少しでも

動けるならそこから始めましょう。子ー4子ー4

 

 

 

反応してあげる事、触れ合う事、

赤ちゃんは抱いてもらったりストロークされないと、

生きてゆけません。

子供が成長して行く為には触れ合ったり、良い刺激が必要です。

でないと弱ってゆきある場合消耗し死さえ起こりかねません。子ー2http://www4.hp-ez.com/hp/jiyunoko

ストロークなしでは子供の身体的、感情的、精神的な成長が止まるのです。

触れてあげることと、言葉による励ましを通じて子供は心身共に成長してゆきます。

こうした同じ方法がインナーチャイルドを守り、成長させる事に繋がってゆきます。

子供は良いストロークを得れないと悪いストローク例えば暴力などでも

自分に注意を向けられる事を欲してしまいます。

私達は悪いストロークに慣れてしまっています。

でもこれからは肯定的な愛あるストロークを自分に与える必要があります。

その言葉を投げかけ続ける事が大切ですね。

それは情緒が詰まった心からの愛のメッセージである事が必要です。

乳幼児期、歩行期、学童期、いろんな時期に必要なストロークを必要としていましたので、

今再び愛ある親としてインナーチャイルドにストロークして下さいね^_^

自分を成長させ、愛ある親であるために何が必要なのかは、又後で書きますね!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

自分の居場所作り

絶えず、ノイズ 雑音が頭を過って頭も心も落ち着きません!

今の自分の状況の中でホットする空間をつくれますか?

今日のテーマは、、

自分の空間をつくってみようです。

「自分を休める空間がない…家では絶えず騒音が絶えない…」

これで悩む人たちも多いと思います。

物理的な空間、それがたとえ自分を横たえるだけの狭いところでも

誰の目からも遮断されて静かになれるところは欲しいと思います。

もちろん完全に人気のない所へ行くことや、

音から遮断されてしまうことは、むしろわたしたちを狂わせるでしょう

。それは独房に閉じこめられることと変わりがないので大きなストレスを与えます。

そのかわりに自分の目をくつろがせるような植物、動物の動き、

自然の作り出す風の音や雨だれの音、虫の声や鳥の鳴き声、

人の笑い声やリズミカルな仕事の音はかえってわたしたちに安らぎをもたらすのです。

小さいスペースでも自分の空間づくりをしてみるのはどうでしょう。

出来るだけ、お金をかけないで出来ることはあるはずです。

まず、余分なものを捨てましょう。もう読むことのない本や雑誌、

一年間着なかった服、使わなかったものはよほどの愛着がない

限り思い切って捨てることが出来ます。何かを捨てることは、

自分がこれから変化することへの決意のようなものです。

こうして出来た空間をお気に入りのもので飾ることが出来ますか。

花や動物の写真、友達の写真、

行ってみたい土地の写真、ぬいぐるみやマスコットを飾ったりする人もいます。

感覚の敏感な人は棚のガラスに中が見えないように

無地の壁紙を貼ったりしてすっきり仕上げる方が気分が良いかも知れません。

それはお好きなように。

くつろげる歌手の音楽や、

自然の音をテープやCDで流したい人もいるかも知れません。

光にこる人もいるし、かおりがくつろげる人もいるのです。

なんであれ自分の空間と時間を自分が好きなように作り出してみるのも良いかも知れませんね。

いっぺんにあれこれするより、

たとえば一ヶ月に一目位を取り分けて少しずつ

th_058自分の周りを変える日にするのも良いかも知れません。

生きにくいあなたへ!

http://www4.hp-ez.com/hp/jiyunoko/mail-magazine プロフェショナル心理カウンセラーの無料メールマガジン登録

「わたしは生きていていいの…どう生きていけばいいの…わたしには居場所がないの…」

傷ついた内なる子供(インナーチャイルド)は不安げにこうつぶやきます。

落ち着かなくてソワソワとうろつくかも知れません。

大声で当たり散らしたり、怒りをぶつけたくなるかも知れません。

自分が居ても良いと思える場所がないのです。

苦しいですね、、

幼い頃

家庭内で、様々な役割を担っていたりします。

優等生になって、親をよろこばせたり、

家庭内の雰囲気をよくしようとしたり、

自分に注目を集めることで、

辛い現実から目をそらさせる、「ヒーロー」。

両親の間に入って、ケンカの調整役をしたり、

不安定な母親の気持ちをなぐさめようとしたり、

父の世話をすることで、

家庭内を取り持つ、「お世話役」。

ヒーローとは、真逆に見えるけれど、

やろうとしていることは同じで、

自分に注目を集めることで、

家庭内の問題から目を反らせたり、

他の家族を団結させたりする、「いけにえ」。

存在感を消して、これ以上問題が起きないように、

息をひそめている、「いない子」。

ふざけたり、おどけたり、明るくふるまうことで、

家庭内の緊張した空気をなごませようとする、「ピエロ」。

こんな風に役割をもって過ごしていると、

大人になってからも

この役割のパターンに、はまりがちになります。

反射的に、昔のクセがでるのですね。

役割は本当のあなたの居場所ではないですね、、

では?私の居場所は?

このことは又次回に書きますね、、子ー3

 

気づく環境を与えてあげるどのように?

苦しみ故に、

何かに嗜癖している状態にあるなら

自分のトラウマと向き合っていない状況にあります。

苦しいので苦しみを忘れるために嗜癖しているのですから相当辛いはずです。

アディクションの対象がなくなるとその時はとても苦しいですが

癒しと回復のスタートとなります。

あなたが何かに嗜癖しているなら

子犬と少年http://matome.naver.jp/odai/2146339066769999101あなたの傷ついたインナーチャイルドは助けを必要としているのです!

自分と対話する?

目を閉じて、

座りごこちの良さそうな椅子が2つ向き合って置かれている部屋をイメージして下さい。

右には大人のあなた、左には名前を付けた苦しかった子供時代のあなた

あなたの椅子は大きめです。

チャイルドの椅子は子供用ですが目線があうようになっています。

何々ちゃんはいくつになりましたか?

最初に聴いてあげます。

次に何々ちゃん今どんな気持ちですか?

聴いてあげます。優しく、そして何がしたいですか?

聴いてあげます。

大切なのはこうして定期的に優しく話しかけ、その子の健全な欲求をかなえてあげる事です。

この会話はホールディング 安心感を与えるかもしれません。

だんだん大人の愛あるあなたをチャイルドは信頼し始めます。

そして一緒に遊んであげたり、旅にでたり、美味しいものを一緒に食べたり、

その子の健全な欲求を満たしてあげて下さい。

まずは、定期的にコミュニケーションを暖かい仕方で、続けてくださいね。

インナーチャイルドが安心感をえて、あなたを本当に信頼できるようになるまで、、愛情を注ぎましょう!

恥ずかしいでしょうか?

そうかもしれませんね!気遣われることに慣れていませんから、、

それでも傷ついているあなたには、まず自分に優しく声をかけてあげる

ことが必要なのです。

孤独で、寂しい子供時代を過ごしてきた人には、沢山の愛が必要なのです、、、子

 

 

自分をどのように気遣ってあげれますか?

http://jiyunoko.comあなたの心の中の傷付いた子は

正しい欲求を満たせないまま、ストレスを

抱えて、苦しんでいることでしょう、、

大人のたてまえと子供の本音の狭間で、、

子供は直観的に、ある人が時間をかけてかまうものは、

その人が愛しているものであることを知っています。

傷ついたインナーチャイルドが

いつ、あなたの注意をひきたがっているか知ることは大切です。

過去においては、

そんな時、時間や注意を向けてもらえなかったのですから、、

飽き飽きした時、怖い時、暖かい親子の関係を目にした時、

疲れた時、大げさに反応する時、軽蔑されたり拒否されている時、

機せずして人前にさらされている時、

おなかがすいている時、親友といる時、

寂しい時でしょうか?

今までは、反応してあげれなかったかもしれませんが、

これからは直ぐに反応してあげましょうね。

今まで反応して欲しく、

時間と注意を向けて欲しかったので

インナーチャイルドはいろんな方法であなたの愛を自分に向けさせてきたのですから、、

それでも本当の必要に気づけなかったのですから、、

自分の心と対話する。必要ですね、、

コミュニケーションをとうしてどうインナーチャイルドを世話できるか考えましょう。

後でこのことについて書きますね、、

最後まで読んでくださりありがとうございます。気遣う画像

自己実現を目指して!シリーズ①

有名なマズローの欲求段階説の最初に

あげられているのが

①生理的欲求です。

 

第一階層の「生理的欲求」は、生きていくための基本的・本能的な欲求(食べたい、寝たいなど)で、この欲求を充たせれば、次の階層「安全欲求」を求めます。

 

 

生理的欲求は、空気、水、食べ物、睡眠など、人が生きていく上で欠かせない基本的な欲求をさしています。これが満たされないと、病気になり、いらだち、不快感を覚えます。

今の時代、格差社会であり、稼いでいる人がいる一方で

衣食住に頭を使い果たし、ストレスを抱えている人もいます。

 

まししく、戦争をしていた時代人々はこの欲求と日々戦っていました

これなくして、次の

▽第2段階 安全欲求

にいけません。

今は日本は戦争をおこなってはいないですが

これからの時代、

ますます、仕事に就くこと、十分というレベルで生活して行く事

は難しい世の中になっていきます。

あなたは今の生活に満足していますか?

 

希望って何ですか 貧困の中の子ども|下野新聞「SOON」

 

自分をどのように守ってあげれますか?

http://jiyunoko.com自分の存在そのものを愛されなかった子供は、

自分を愛する術を知りません。

大人になったら、

自分自身の失われた子供を養育し、

母のようにその子を世話してやる必要があります。

子供は単純な事を欲しています。

聴いて欲しいのです。

愛されたいのです。

言葉を知らずとも。

自分の権利が守られ、自尊心が侵害されない事を求めます。

そしてあなたがそこにいる事を必要としています。

傷ついたインナーチャイルドを保護し、守ってあげる事が必要です。

幼い子供にはそれが必要です。

あなたの傷ついた子は新しい親としてのあなたを信頼できるか迷っています。

ある時は完全に信頼しますが、ある時は恐れ、とまどうでしょう。

なぜ?

今までその存在にも気づかず、

どれほど傷ついていたかも知らなかったのです。

そして気を配る事もできませんでした。

こうして何年も過ごして来た訳ですので、

あなたの傷ついたICといい関係を築くには

時間をかけてチャイルドの信頼を得てゆく事が必要となってきます。

そうです、時間をたっぷりとかけてあげてください。

あなたを信頼するまで、あなたが守ってくれる存在であると

確信するまで、、、th_057