アダルトチルドレンキーワードライン講座

line://ti/p/@toe8602yライン アダルトチルドレンキーワード講座
無料 ライン@登録 line://ti/p/@toe8602y
親密さを築くための時間とプロセス

子供が自分に対して何かの秘密を持ったとして
も、それをそっとして、見守る時を持とうとするでしょう。子どもはいつか、
その秘密を親と分かち合うようになるでしょう。卵が成長する時には卵は「卵
の殻」の中にいなければいけません。その時間と空間が必要です。それと同様
に、ひなが卵からかえって自分の力で殻から出て来る時を待たなければならな
いように、わたしたちのインナーチャイルドも保護を受けて初めて成長し、他
の人と対等で親密な関係を築くことが出きるようになるのではないでしょう
か。親密な関係を築くには信頼して待つことと時間がかかるのです。

親密さを築くためには幾つかのプロセスが必要です。次のプロセスに進むこ
とが大事なのではなく、自分にとってどのレベルの関係が気持ちが良いかとい
うことです。様々の人と様々のレベルの関係を持っていることが人間関係が豊
かであるということです。またそれぞれのペースがあるので互いが不安になら
ないペースを探ること。そして相手が自分の望むレベルを越えようとしたりそ
のペースが速いと思ったときはストップをかけても良いのです

①挨拶などをする対等な関係
職場の仲間、隣人など
②おしゃべりをする何かを共有できるものがある関係
趣味の仲間、子育てを共にしているなど話し合うがそれ以外のつきあいはし
ない。
③気を許しあう関係
ちょっとした悩みや心配事をうち明けるなど相手に弱みも見せていく。
ただし衝突しやすいがオープンに謝ったり許し合えると信頼は深まる。
④何でも分かち合える友人関係
じっくり互いの話を聞いて、そのままを受け入れてもらえる。
つらいときにそばにいてもらえる。信頼と愛情がある関係。
⑤性的に惹きつけあう関係
早い段階で性的関係までにいってしまうケースもあるが、失敗も多い。
③や④をじっくり味わってからこの段階に入るのが安全かも知れない。
⑥心と体と人生を共有する関係

ライン@登録 line://ti/p/@toe8602y

アダルトチルドレンの回復

ACは生きにくさの感覚を持っている人たちです。

自分らしく生きられない、

他の人と対等で親しい関係に入れないという悩みが共通しています

ACは子供時代に経験したトラウマ(心や、

身体に受けた傷)によって、

心の発達がその時点で停止したり、停滞してしまいます。

心というのは、情緒的な感覚や表現だけでなく、

自分と外界との関係の据え方(世界観)や自分というものの認知の仕方自己認識、

生きる意味などを含んでいます。この未発達な心が癒され、

また成長を促されなければならないのです。

ACはトラウマにさらされながら生きる過程で、

感情を鈍麻させたり、歪んだ自己認識、奇妙な世界観を身に着けてゆきます。

これを総評して共依存的自己又は、偽りの自己と呼びます。

共依存的自己というのは、相手の嗜癖や暴力などの問題に

振り回されてゆく過程で作り上げられてゆく人格のことで、

アルコール依存症の人の妻や子供たちに見られます。

この偽りの自己、共依存的自己と呼ばれるものは

、個々のトラウマを正しくではない方法で癒す過程で身に着けてしまったものです。

それが生き残りを可能としてきましたが、

本来の生き生きした自己の上に無理に着せられた鎧のように、

真の自己を窒息させてきました。この苦しみが、心身症であり、

神経症を始めとする、様々な神経症であり、嗜癖、依存症であり、

人間関係からの引きこもりを生んできました。

しかし、この外衣を脱ぎ捨てることは、苦しいのです。

それが又新しいトラウマとなりかねません。

ですから、

ACが偽りの自己という外衣を脱ぎ捨て真の自己への旅たちは容易ではないのです。

のたうち回るような苦しみを経て、新しい真の自己の確立へと向かうのです。2014-02-20 17.19.26http://saitokazuya.net/ad/1723/472560

アドラーの心理学で楽になるhttps://ex-pa.jp/it/bA4/bS

権威のある人たちを恐れる自分!

権威のある立場の人たちを恐れることは、親たちの非現実的な期待(わたし
たちができる以上のことを求めたこと)の結果であるかもしれません。わたし
たちは権威ある人たちを、その人たちがわたしたちに非現実的な期待を持って
いるかのように思ってしまい、それゆえに、彼らの期待に添えないのではない
かと恐れてしまいます。他の人が単に何かを主張しただけなのに、わたしたち
はしばしばそれを怒りと誤解してしまいます。この事で、おどされたように感
じたり、過度に敏感になったりするかもしれません。自分がどのくらい有能で
あるかに関わりなく、わたしたちは自分と他の人とを比べ、自分は不十分で不
適当であると結論するのです。結果として、わたしたちは、自分の能力を発揮
できないでいるのです。

権威のある人たちを恐れることは、次のような問題を引き起こしているかもし
れません
・自分を他の人と比べる
・不適当、または無能であると感じる
・行動するより反応する
・批判や拒絶を恐れる
・物事を個人的に受け取ってしまう
・ごまかすためごう慢に振る舞う
例:わたしは上司を恐れている。なぜなら、わたしが自分のことをどれほど無
能だと感じているかを知られたくないからだ。この事は上司の近くにいるとき
のわたしの動作に影響を与えている。この事は孤立の欲求をかきたてる。わた
しは目立たないようにしている。この事はわたしに自分が大人気ない、未熟者
であるかのような気持ちにさせる。

権威のある立場にいる人たちと一緒にいて、楽に感じるようになり始めるに
つれて、わたしたちは焦点を自分白身に合わせ、わたしたちには恐れるものは
何もないをことを発見するようになります。他の人たちもわたしたちと同じよ
うな人間であり、彼らなりの恐れや防御や不安感を持っているのだということ
が分かります。わたしたちが自分自身についてどう感じるかを、他の人の行動
が左右することは、もはやありません。わたしたちは、他の人に合わせて行動
するのではなく、(自分から)行動することを始めます。わたしたちは、究極
的な権威は神であり、神が常にわたしたちと共にいて下さることを認識しま
す。

権威のある人たちと一緒にいて快適であるようになってくるにつれて、わたし
たちは次のようになっていきます
・高まった自己評価をもって行動する
・自分自身のために立ち上がる
・建設的な批判を受け入れる
・権威のある人たちと楽に交際できる

あなたが、今のところ人間関係によって仕事がきつくなっているなら1人でできる

サイドビジネスもいいかもしれません、、http://saitokazuya.net/ad/1723/472560

ネットの環境があればできますね、http://saitokazuya.net/ad/1723/472560

2014-01-23 11.52.43