ACと仕事 人間関係に煩わされることのない仕事?


http://saitokazuya.net/ad/1723/472560http://saitokazuya.net/ad/1723/472560多くのアダルトチルドレンが抱えている、根強い思い込みのひとつに
「私には価値がない」というものがあります。
この、アダルトチルドレンの象徴とも言えるような、「私には価値がない」と
いう思考パターン。
これが、仕事であらわれる時、どのような行動になるのか。
したがう、さける、過剰にそなえる、の3つのパターンについて、ひとつずつ
見ていきましょう。
まず最初に、「私には価値がない」という思い込みに、したがう、時。
価値がない、は仕事において「役に立たない」という形で表現され、自分でも
なぜ、ここで?と思うような場面で失敗をくり返したり。
また、私は年収○○以上の価値はない、と具体的な数字で思い込んでいる場合、
その年収を超えそうになると失敗したり、体調を崩す、ということもあります。
次に、さける、という形であらわれる時。
価値がない、役に立たない、ということが証明されると困るので、そもそも
仕事をしない、という状況を無意識につくりだしてしまう、という事も。
仕事が決まらない、体調を崩す、ひきこもる、という形になって、表れること
もあるでしょう。
最後に、過剰にそなえている場合。
アダルトチルドレンの方は、私は価値がない(役に立たない)ということを前提にしているので、マイナスをカバーしようと、はてしなく働いて体をこわしたり。
資格をたくさん取って、実績もあるのに自分に満足できず、まだ足りない、
このままではダメだ、と自分を追い立てます。
また、役に立たない=失敗する、という恐れとなって、過剰に緊張する、
ということもあるかもしれません。
アダルトチルドレンの方の恋愛も、仕事も、それがパターンにはまった
トラブルになっている場合。
それは、無意識にふりまわされている状態です。
よく、同じパターンをくり返す人に対して「自分がそうしたいのでしょう?」
という言い方をされることがありますが、
無意識で信じていることに対して、本人にその責任を問うのは、あまりにも
残酷ではないでしょうか。
無意識で、そう信じてしまうような、それほどの出来事があったのだから。
それが、生き抜く術だったから。
アダルトチルドレンの苦しさから抜け出したい、変わりたいと、精一杯の
努力はしてきた。
それでも、1~10%と言われている意識を使って、90~99%と言われる無意識
を書きかえることが、どれほど困難なことなのか。

ここで成功している友人のサイトを紹介しますね

毎日、同じような生活に疑問を感じながらも、
何かをする勇気もお金もなく
くすぶっている毎日。

それなりのキャリアは、あるけれど
気がつけば、中間管理職。

下からは、嫌みを言われ
上司からは、あなたの教育が悪いと言われ
それでも、今の仕事を辞める勇気もなく
嫌だと思いながらも、今の仕事を続けてる。。。

そんな、毎日を過ごしていませんか?

この無料動画は、そんなあなたに
勇気とチャンスをくれるかもしれません。

無料動画を提供してくれているのは
世界中を旅しながら
月収1000万円稼がれている、
という七海志歩さん。

彼女は、23歳の時に
リストラにあったそうです。
そして、極貧生活も体験しています。

そんな彼女だからこそ、
あなたに伝えたいことがあるのです。

そう、「他にも道がある」ということを。

何かを始めようとする時に大事なことは、

【何を教わるか?】だけでなく、
【誰から教わるか?】ということ。
彼女のその真剣な目を見てください。
そのまなざしは、しっかりと
まっすぐあなたを見ています。

あなたのその目で、
信頼できるかどうか、確かめてください。

副業をまったくやったことがないあなたでも、
無料ツールももらえるので、
どんなものか、試しにやってみては
いかがでしょうか?

さて、チャンスの女神は、
前髪しかないと言います。
「あの時ああしておけば良かった・・・」

となってからでは手遅れです。
ぜひ、
チャンスの女神が微笑んでいる
今のうちに受け取っておいてください。

以上が友人の紹介文ですプロフィール

投稿者:

jiyunoko

jiyunoko

アクシデントが起こったのは、4歳か5歳頃、飴を喉に詰まらせて危うく死と裏合わせ、その後幼児性パニック発作とptsdを発症しました。幼稚園の頃は自閉症傾向で集団と馴染めなく、中学に入ると当時の不良グループとバンド結成、ビートルズが好きで、牛乳配達をしてドラムを買いました。音楽に狂い始めたスタートラインです。高校もバンド一色、途中で辞めプロなりたく、上京しました。そんな10代の頃から、眠ってたptsd、パニックが、目を覚ましました。苦しく、いろんなものにアデックションし、生活は底付き、どうしょうもなくなりました。そんな私が今はカウンセラーとして、他の人に寄り添っています。どのような出会いやどのように回復して行ったのでしょうか?自由の子旅の途中でというストーリーの中でシェアして行きたいと思っています。http://keitasasaki.info/lp/8952/711849

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です