3種類のストレス


1:急性のストレス

日常生活の重圧から生じます。

多くの場合,解決する必要のある不快な状態が関係しています。

そうした状態は偶発的であり,一時的なものに過ぎないので,

そのストレスには普通,対処できます。

もちろん,中には一難去ってまた一難と,まさに,

ごたごたが性格の一部かと思えるような人もいます。

このレベルの急性のストレスでさえ,緩和することは可能です。

しかし,ストレスを感じている人自身,

騒動を起こしやすいその生き方が自分や周囲の人にどんな影響を

及ぼしているかに気づくまでは,変化しようとしないかもしれません。
急性のストレスは一時的なものです

2:慢性のストレス

人からさげすまれる仕事に就いている,

あるいは失業している惨めさであれ,

ストレスに満ちた状態からの逃れ道は見えません。

慢性のストレスは,家庭内で続いている問題からもたらされることもあります。

病弱な親族の世話もストレスをもたらす場合があります。

原因は何であれ,慢性のストレスを抱える人は,

日ごと,週ごと,月ごとに体力を消耗してゆきます。

この問題を扱ったある本は,

「慢性のストレスで一番良くないのは,人がそれに慣れてしまうことである」と述べています。

「人は急性のストレスにはすぐに気づく。それが新しいからである。

しかし,慢性のストレスは無視する。それが前からあり,慣れており,時には心地よく思えることさえあるからだ」。

3:外傷性のストレス

強姦,事故,自然災害といった極めて悲惨な出来事の影響によります。

退役軍人や強制収容所の生存者でこの種のストレスに苦しめられている人は少なくありません。

外傷性ストレスの一つの症状として,

痛ましい出来事の記憶が何年も後でさえ鮮明によみがえり,

ちょっとした事にも過敏に反応するかもしれません。

こうした症状を経験する人は,

th_011http://famiri.jimdo.com/心的外傷後ストレス障害(PTSD)を抱えているとの診断を受ける場合があります。

 

投稿者:

jiyunoko

jiyunoko

アクシデントが起こったのは、4歳か5歳頃、飴を喉に詰まらせて危うく死と裏合わせ、その後幼児性パニック発作とptsdを発症しました。幼稚園の頃は自閉症傾向で集団と馴染めなく、中学に入ると当時の不良グループとバンド結成、ビートルズが好きで、牛乳配達をしてドラムを買いました。音楽に狂い始めたスタートラインです。高校もバンド一色、途中で辞めプロなりたく、上京しました。そんな10代の頃から、眠ってたptsd、パニックが、目を覚ましました。苦しく、いろんなものにアデックションし、生活は底付き、どうしょうもなくなりました。そんな私が今はカウンセラーとして、他の人に寄り添っています。どのような出会いやどのように回復して行ったのでしょうか?自由の子旅の途中でというストーリーの中でシェアして行きたいと思っています。http://keitasasaki.info/lp/8952/711849

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です