癒しを信じて生きてゆく!


春、今この季節は柔らかな日差しが降り注ぎようやく

長かった冬も終わりを告げる。寒い冬 雪この季節

も美しい。真っ白い雪の下にも春を待ち続けた花々

が芽吹く。秋の夜、開け放った窓から聞こえる虫の声

夏の日の夕暮れ、家の中を吹き抜けてゆく涼しい風

日本には、美しい四季がある。五感で四季を感じそれ

ぞれの季節を思いっきり楽しみそして癒しを受けて

行きたい。私達には自然治癒力が備わっていて、心

の傷さえ癒してゆく力があります。震災から5年多く

の人々は心の傷を抱えて生きています。自然は恵み

と同時に災いも人類に供給します。複雑ですね!

感謝の気持ちと怒りの気持ち、、何かを恨んで生きて

ゆくのも、何かに感謝して生きてゆくのも私達次第です。

本来美しい自然から恩恵を受けています、、

怒りとさよならして、感謝を抱いて生きて行きたい

そんな事をふっと感じました2015-01-18 15.42.12http://jiyunoko.com

投稿者:

jiyunoko

jiyunoko

アクシデントが起こったのは、4歳か5歳頃、飴を喉に詰まらせて危うく死と裏合わせ、その後幼児性パニック発作とptsdを発症しました。幼稚園の頃は自閉症傾向で集団と馴染めなく、中学に入ると当時の不良グループとバンド結成、ビートルズが好きで、牛乳配達をしてドラムを買いました。音楽に狂い始めたスタートラインです。高校もバンド一色、途中で辞めプロなりたく、上京しました。そんな10代の頃から、眠ってたptsd、パニックが、目を覚ましました。苦しく、いろんなものにアデックションし、生活は底付き、どうしょうもなくなりました。そんな私が今はカウンセラーとして、他の人に寄り添っています。どのような出会いやどのように回復して行ったのでしょうか?自由の子旅の途中でというストーリーの中でシェアして行きたいと思っています。http://keitasasaki.info/lp/8952/711849

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です